球日記4:レッスン受けてきました(キューメンテナンスについて)

掲題の通り、レッスン内容としては、
キューのメンテナンス(シャフト、タップ)についてです。
下はそのとき教わったときの個人メモになります。
一番印象に残ったのは、タップの平面出ししたあとに、アロンアルファをつける⇒やすりをかける⇒アロンアルファをつけタップ接着という工程。
なぜアロンアルファを2回もつけているのかというと、1回目はタップの内面に浸透させる意味があるとのこと。
後日談ですが、トッププロのNさんに教わったことを踏まえてお話させていただいたところ、タップを締めるのにミルク使うというのは聞いたことが無い、タップをつけるときはアロンアルファよりゼリー状のものを使ったほうがすき間が空かないなど、いくつか興味深いお話を聞けました。

◯シャフトメンテ

1. シャフトのニス部分傷つけないようテープ保護

2. カッターの刃で汚れ落とす(これから買うなら黒いやつがいい)

3. 落としたもの洗浄の意味合いでやすりかける

◯タップメンテ

1.外側削るのは土台(今回はやすり)+革のカッターかカッターの刃

※キューのバット取って下向けてまず外側を切り落としてからでも可

2.ミルクつける(靴磨きと同じ理屈みたいなこと言ってた。つやだし?タップ締め?目的不明)

3. 上は、金工やすりつかってとんとんしてタップ乗りやすくしてやったり(理屈忘れてしまった。けばつかせることで毛穴あくようにしてやるみたいなそんな感じだったはず)

もしくは角度つけてキューまわすようにしてタップのRを整える。

◯タップ交換

1. カッターの刃または革カッターでタップ剃り落とす

2. カッターの刃で平面にする。このとき、はじめはガツガツ、大分取れてきたら真ん中中心に半分削る感じで

3. 本当に平面になったか刃をあて回して確認をする

4. 上にはみでないようテープで耳つけてはる(テープする意味はあとでタップつけるときに出る先角にもれないため?確かなはこと分からなくなってた)

5. タップをやすりにがしがしまわしながらかける。10回やったらタップ回して10回くらいのペース。やすりかかった跡が全て残る程度で今回は終わった。

6. アロンアルファ薄く塗ってかわくまでまつ

7. またやすり軽くかける(6は内面に浸透させるだけで、表面のアロンアルファはとりたいからかな?要確認)

8. アロンアルファたっぷりつけたら、先角にあわせる。空気だしたらテープでぎゅっととめる

9. 乾いたら、タップ外側のやつ切り落とす。タップメンテ1のやり方参考。

10. タップの形を金工やすりで整え、けばけばになってるタップこんこんして、全体的に吹いて乾拭きもする
以上

開発日記4:プログラミング交流会参戦

昨日は帰社後、プログラミングの交流会に参戦してきました。
某動画サイト、ドッ・・・おっと
内容はというと。
社長直々に会社紹介、動画作りの裏話、質疑応答、参加者との懇談会・・・など。
何人かと名刺交換、連絡先交換できた。
ITにかかわる交流会というとどうも敷居が高いイメージだったけど、話しているうちにそんな心配も飛んでいきました。純粋にみんな刺激や学習仲間を求めて来てるんだなと。
いい経験をしました。

 

 

 

 

英語日記2:電話応対

入社して4ヶ月。
Webアプリ開発に携わらせてもらえ、電話応対の仕事もさせてもらえるようになった。
電話応対は以前少しやっていて、トラウマだったりするのだが。
もしも突然英語で電話がかかってきたら。
使えそうな表現メモ。
~を教えて下さいますか May I have your  名前とか会社とか please?
そのままお待ちください hold on please / hold the line please.
~に繋ぎます I’ll put you through to 名前
担当の者に繋ぎます I’ll transfer your call/ you to the person in charge.
お待たせしていてごめんなさい I’m sorry to have kept you waiting.
あと会社の名前教えてくれますか Also, may I ask what company you are with?
おかけ間違いかもしれないです I’m afraid you have a wrong number.
確かに申し伝えます I’ll make sure 名前 gets your message.
折り返し電話させましょうか Should I have 名前 call you back?  /  May I have 名前 call you back?
本日は休みです 名前 is off today.
本日は既に退社いたしました 名前 has already left for home today.
山田はただいま席をはずしております Mr.Yamada is not at his desk right now
山田は出張で今週の火曜日までいません Mr.Yamada will be away on business trip until this Tuesday.

明日までに、某学習サイトでHTML,CSS,JavaScriptは最低終わらせる。

球日記3:ビリヤードが好きじゃない理由

超格好つけて言うと、俺は12年間ゲームの世界で生きてきた。
そこで俺は切磋琢磨していて、いつのまにナンバーワンプレイヤーと言われていた人物から胸を借して下さいと言われるまで成長した。
決して関係者の前では口を閉ざしているが、密かな俺の一番の自慢だ。
ソードアートオンラインのきりとくんを彷彿とさせるような、そんな生き方をしていたと思う。信頼を裏切ることもあったし、人を恨むこともあった。だからいろんな人と縁が切れた。
でもそれが力になった。いろんな人の顔が全身の内面から離れない感覚が、集中力へと繋がっていた気がした。俺は辛いと言ったことはなかったが、辛いという言葉はそんなときに使うものなんだと思った。
俺がビリヤードを始めたのは小6だから、12歳の頃かな。本物のビリヤードは、15歳かそのへん。ゲームが強くなりたい、その一心で本物のビリヤードをはじめた。でも周りは違った。
こいつビリヤード好きなんだなって。いやいやそうじゃないと。ビリヤードするのってすごく苦しいことなんだと。本当はやりたくないんだと。でもやらないといけないんだと。
でもプロってみんな口をそろえて「好きだ」と言うよね?すごく不思議。俺はそれが本当に不思議なんだ昔から。紆余曲折あり、俺はビリヤードのプロになるわけでも、ビリヤード関係の仕事に就くわけでもなく、全く別の業界でサラリーマンしてる27歳。俺は最近揺れてるんだ。
何だか知らないけどすごくゆれてる。
今日、ミライモンスターって番組やってたよね。
えらいなぁと思った。コミュニケーション周りとちゃんと取れてないと、成長っていうのできないと思う。それが出来てるんだと関心してた。まぁ、想像なんだけど。
2chで賭け球で過ごした人の話とか見てても、感じるところはあるよね。
俺がプロという言葉に対して抱く気持ち、全く別の業界で日々過ごしている理由、俺のビリヤードに対する気持ち、縁が切れた人と縁が切れたままでいる理由。
おれはいろんなものがぼやけて見えている中で日々を過ごしている。
それが当たり前だと言われればそれでおしまいなんだけどね。

開発日記3:【Java】インタフェース

いまだに意味がわかりません。

どうやら店舗がいろんな洗濯機を持っている状況下で、抽象的に洗濯機としてあげてからの、洗濯機一覧を取得してあげると効果が発揮されるらしい。

まだ意味がちんぷんかんぷんだが、使い方については分かった気がするので個人的にメモ。

ポイント

1.インタフェースは抽象化のために使う。
2.洗濯機インタフェースを実装したクラスは、洗濯機を意味する。
3.List<洗濯機> 洗濯機一覧 = 店舗.get洗濯機();と書きたい。
4.店舗は洗濯機を持っている。
5.インタフェースは型の定義。

【目的】何の洗濯機かは知らない(=抽象化)けど、店舗はいくつ洗濯機持っているのかを知ること。

【機能用件】
①店舗が建設された後でも洗濯機を増やせること。
②お客様は店舗に洗濯機がいくつあるかいつでも確認できる

1-1 洗濯機一覧を取得するため、店舗に洗濯機リストを持たせゲッターを付与。
1-2 店舗コンストラクタで洗濯機を追加する準備をし、洗濯機を追加するメソッドを作った。
1-3 インタフェースを実装した*2各クラスを洗濯機としてみなした(=型の定義)。
1-4 洗濯機を店舗に追加した(=ポリモーフィズムの利用による抽象化)。
1-5 やりたいことであった洗濯機一覧を取得(=List<洗濯機> 洗濯機一覧 = 店舗.get洗濯機();)した。

interface WashingMachine{ //洗濯機インタフェース
void wash();
void dry();
void dehydrate(); //脱水する
}
public class WashCloths implements WashingMachine{
//本来洗濯機インタフェースのメソッドがオーバーライドされています。
}
public class WashBoots implements WashingMachine{・・・}
public class WashFuton implements WashingMachine{・・・}

/*
洗濯機は1つか2つ以上か分からないため、どちらにも対応できる様実装。
具体的には店舗が作られた段階でリストを生成し、
そこに追加する形にすることで、1個でも2個以上でも対応可能。
*/
public class Shop{
private List<WashingMachine> machines;

public Shop(){
List<WashingMachine> = new ArrayList<>();
}

public void addWashingMachine(WashingMachine item){
machines.add(item);
}

public List<WashingMachine> getWashingMachine(){
return machines;
}
}

/*
インタフェース型オブジェクトをshopにaddした後、洗濯機一覧を取得する。
*/
public class Main{
Shop shop = new Shop();
WashingMachine cloths = new WashCloths();
WashingMachine boots = new WashBoots();
WashingMachine futon = new WashFuton();
shop.addWashingMachine(cloths);
shop.addWashingMachine(boots);
shop.addWashingMachine(futon);
List<WashingMachine> machines = shop.getWashingMachine();
}

 

一応プロに見てもらったところちゃんと表現できてるとのお言葉頂いたが、俺は初心者だからそんなわけがない。・・・

変なコード書いているに決まってる。あー難しい。とにかく勉強勉強

ただの日記1:振り返り

最近、更新全く出来ていません。biriya-です。ごめんなさい・・・。
就職活動・各種検定の勉強に追われていました(いや、現在もだけど・・。)
ここ1年の振り返りと、今後のビリヤードアプリ開発計画について、お話したいと思います。
去年3月 IT系の会社 事業縮小のため解雇
去年7月~12月 アプリ開発の学習。球入れゲーム制作。
ウェブデザイン技能検定3級合格。TOEIC受験(結果520点)。
今年1月~3月 ネットワークの勉強。CCENT合格。TOEIC受験(結果待ち)。就職活動。
こんな感じで今に至ります。
ここ1年は色々ありすぎました。特に就職活動では、10社前後の企業様とお話させていただき感じたことは、予想以上に自分のことを受け入れてくれる企業様が多いということと、詰めの甘さがまだまだあるということでした。
その甘さを特に感じることとなったのは、ここで俺は覚悟を決めようと思った会社の、最終面接で見送りという結果を頂いたことでした。
約1時間。はじめは、いつから入社出来るのか、どうしてIT業界を志望しているかを聞かれました。可能であれば4月からでお願いしたい旨を伝え、IT業界を志望している理由は、かっこいいと思ったことを伝えました。社長は、私も同じ理由だったということで話が弾みました。そこまでは良かったのですが、その後、一次選考・二次選考でどんな話をしたのか、今までの経歴などを話すうちに、社長の顔が曇ってきたように感じました。俺は説明が下手で、伝えることに必死となってしまい、内心ビクビクしていました。
これは落ちちゃったかなとつい頭を過ぎったのは、そんな話をしているときに社員様が紅茶を持ってきてくれたときでした。トントンとノックがあり、俺は話を続けていいか、待ったほうがいいのか迷いました。ただ、入りますよという合図だと思い、話を続けていたのですが、そのときの社長さんの気まずそうな顔は今になっても忘れられません。紅茶を差し出したときの社長さんの「ありがとう」のハキハキとした元気な声と、その表情のギャップに、俺は内心、もう終わったな、でも自分を出していくしかないという気持ちでした。
その後、制作したビリヤードゲームを見せ、技術を身につけて、もっとブラッシュアップをしていきたい。個人業務問わずいいビリヤードゲームを作りたいことを伝えました。
そうすると、そういった環境も確かにあるが、会社の方向性としてはコンテンツの運用・保守の人手を探していることを伝えられました。俺は、そういった仕事も欠かせないものだと思い、挑戦したい旨を伝えました。しかし結果はNOであり、理由としては、人柄は申し分ないが魅力に欠けるというものでした。
俺ってなんなんだろう?と思いました。
専門学校を中退する前の、イキイキとしたなにかがまだ残っていたら、俺は最終面接をパス出来ていたと、言っても仕方のないことを繰り返し自分に言い聞かせてました。
世の中って、俺って、何なんだろう?って。
俺は、ほぼ全ての人間よりも努力をした経験があると確信している。それは、数々の誹謗中傷に12年間真正面から受け止め、それでもなお全ての人を愛したこと。
でもそんな昔の自分は、今の俺にはありません。
それが本当のところで、それを見破られたんだと感じました。
紅茶を持ってきてくれた社員様に対して、どう接したらよかったのか。今までの経歴を社長に話すとき、どう伝えたらよかったのか。どんな気持ちで、面接にのぞんだらよかったのか。
そういった細かな要素の根本が、俺は昔のそれとはかなりかけ離れていた。
ただそれでも、面接にきているという意思は、それなりに会社に貢献が出来るものがあるという考えを持った上のものであったので、今後数年は思い出す出来事となるだろう経験でした。

ただ俺は、その詰めの甘さを、今すぐに直すべきものだとはとらえていません。
それを直すには時間がかかりすぎるため、直すことよりも行動することを優先しているからです。ただ、人間性の部分で変えるのは今すぐには難しいですが、今すぐに出来ることはいくつかあって、それは開発の基本スキルを身につけることと、応募先企業で身につけることの出来る技術と、自分が欲しい技術の関係性をきちんと捉えること。
明後日面接があるので、後者をなるべく明確にした上でのぞみたいと思います。

 

 

球日記2:トリックショット

以前お話していたトリックショットの動画を下に載せます。撮ってくれたY.A君ありがとう。
いままでやらず嫌い状態だったのですが、どちらとも3回前後で意外と早くクリア出来ました。
思いっきり意味ないヘッドアップしてますね。反省。。。

※用語
ヘッドアップ・・・文字通り頭が上がってしまうこと。白球(手玉という)をショットし、棒を出し終わるまでの間にヘッドアップすることはショットのぶれを引き起こす原因となるため、問題視されている。しかし、あえてヘッドアップするプロもいるとか。

 

【4個IN】トリックショット1

【6個IN】トリックショット2

球日記1:ビリヤードの遊び方(9ボール:ゲーム準備編)

○対象者

ビリヤード場へ初めていく方。

○この記事の目的
ゲームの準備について理解すること。

■1. ゲームの準備について

1-1 受付
まずビリヤード場へ行って受付を済ますと、使うビリヤード台を指定される、または自分の希望の台を選びます。
※注 カラオケのように終了10分前に教えてくれるシステムを私は見たことが無いので、時間管理に気をつけてください。

1-2 道具を揃える

9ボールをするには、キュー(球をショットする棒)とボールが必要ですね。

キューはお店が無料で用意してくれています。受付のときにキューが渡されなければ、大抵受付の近くか、自分が使う台の上または近くに店が用意しているキューがあります。

※注 その店の常連様が使用しているキューが立てかけられている場合があるので、貸出キューと間違わない様に注意しましょう。大抵同じデザインのキューであればお店が無料貸出しているキューになりますが、良く分からなかったらキューの場所を店員さんに聞いてみましょう!

ボールは、受付を済ませたら店員さんが渡してくれるか、台に行くと用意されています。

1-3 ゲーム開始準備をする
受付を済ませ、道具を揃えたら、ボールを並べましょう。1番ボールを一番前に、真ん中に9番ボールを置き、ひし形に並べて下さい!
※この時の1番ボールは、フットスポットにおいて下さい。フットスポットは説明複雑になるので検索してみてください。ざっくり説明しますと、ボールが出てくる側の反対側の丸い印があったりなかったりする場所です。

以上が店に行ってゲーム開始準備をするまでの流れです。

開発日記2:初制作その2

こんばんは。
あれからいろいろと躓きましたが、どうにか狙いを定める部分とボールの速度を表現するところを実装できました。下に動画載せておきます。
11/11~11/19に実装した主な内容4つ
・キュー(棒)を回す
・バーを動かすとキューがボールの周りに回るように設定
・onDrawで描画→SurfaceViewに切り替え
・ボールの表示と手玉(白い球)の速度表現(撞くを押すと手玉が真っ直ぐ動く)
特に回転軸の指定が大変でした。当初画面左上が回転軸となってしまっていました。
rotateの第二引数、第三引数使えばちょちょいのちょいなんですね。第二引数、第三引数の存在を何時間も頭悩ませた後に知りようやく解決。あとは、回転軸としてはボールの座標を指定してあげればいいと。
今後の開発スケジュールも載せておきます。
今はこんな感じです。

 

①ボールの反射 ★2日
②トップ画面を作る ★2日
③トップ画面と各画面のインテント対応 ★1日
④デザイン改良 ★1日
⑤撞くを押した後に狙った方向に球が進む ★ 7日
⑥球と球の分離 ★7日
⑦ポケットイン判定 ★2日
⑧一定範囲を排除した位置に1撞きごとにランダム表現 3日
⑨1撞きごとに手玉を戻す ★3日
余裕があれば
・狙いのガイド表示
・スキjava11章まで熟読
・ボールをbitmapにかえる
・的球は指で好きな位置にランダム表現
・ボウラードゲーム実装

計画上、アプリとしてはこれから28日で完成、つまり12/17日に完成する予定です。

※近々、ビリヤード(の、9ボール)の遊び方をテキストとして載せようと思います。
対象としては、ビリヤード場へ初めていく方や、気をつけなきゃいけないことが多そうだと心配している方向けです。
もし分からないこととかあったら、コメントで教えてくれたら一緒に考えます。
伝えられることとかあったら僕が言える範囲であれば伝えますね。
よろしくお願いします。

ビデオ