開発日記2:初制作その2

こんばんは。
あれからいろいろと躓きましたが、どうにか狙いを定める部分とボールの速度を表現するところを実装できました。下に動画載せておきます。
11/11~11/19に実装した主な内容4つ
・キュー(棒)を回す
・バーを動かすとキューがボールの周りに回るように設定
・onDrawで描画→SurfaceViewに切り替え
・ボールの表示と手玉(白い球)の速度表現(撞くを押すと手玉が真っ直ぐ動く)
特に回転軸の指定が大変でした。当初画面左上が回転軸となってしまっていました。
rotateの第二引数、第三引数使えばちょちょいのちょいなんですね。第二引数、第三引数の存在を何時間も頭悩ませた後に知りようやく解決。あとは、回転軸としてはボールの座標を指定してあげればいいと。
今後の開発スケジュールも載せておきます。
今はこんな感じです。

 

①ボールの反射 ★2日
②トップ画面を作る ★2日
③トップ画面と各画面のインテント対応 ★1日
④デザイン改良 ★1日
⑤撞くを押した後に狙った方向に球が進む ★ 7日
⑥球と球の分離 ★7日
⑦ポケットイン判定 ★2日
⑧一定範囲を排除した位置に1撞きごとにランダム表現 3日
⑨1撞きごとに手玉を戻す ★3日
余裕があれば
・狙いのガイド表示
・スキjava11章まで熟読
・ボールをbitmapにかえる
・的球は指で好きな位置にランダム表現
・ボウラードゲーム実装

計画上、アプリとしてはこれから28日で完成、つまり12/17日に完成する予定です。

※近々、ビリヤード(の、9ボール)の遊び方をテキストとして載せようと思います。
対象としては、ビリヤード場へ初めていく方や、気をつけなきゃいけないことが多そうだと心配している方向けです。
もし分からないこととかあったら、コメントで教えてくれたら一緒に考えます。
伝えられることとかあったら僕が言える範囲であれば伝えますね。
よろしくお願いします。

ビデオ

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA